戯れる第二章の舞台はU.S.A. ミシガン州より発信中!! ホンダCRF50FとZ50R、CRF110F、カワサキKLX110のチューニング、レース参戦記です


by #178 たわむれる

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク


SAVE JAPAN



がんばろう東北・がんばろうみんな



☆MiniMotoSXへの道☆
2012ラスベガスリベンジブログ!!



★戯れ~しんぐTOP★



Mc5TH


ハタボーな毎日
しゃっちょさんな日々
★サポート★







minimoto動画
↑レースの迫力を動画で!


MAIL
↑メールはコチラマデ!!


♪コース♪
三重県
オフロードランド美杉
いなべモータースポーツランド
suzuka twin circuit
モトクロスランド多度
愛知県
キョウセイミニモトコース
滋賀県
ナカキホンダMXコース
大阪府
オートランド生駒
奈良県
ウッズモーターランドしもいち
兵庫県
MX PARK KOBE
静岡県
JAPAN HEAT X
埼玉県
ナショナルパーク川越
茨城県
MX408
北海道
N8K COUNTY


♪ショップ♪
MOTO SPACE
↑鈴鹿のバイクショップ
ミニモトパーツ在庫多数!!
PEAK
↑ミニモト専門店
松本エンジニアリング
↑Two Brothers Racing代理店
stab blue
↑METAL MULISHA総代理店
WESTWOOD MX
↑BBR,FIVEO代理店!
PRECIOUZ DESIGN
↑三重のバイナルステッカー屋さん
(四日市)
UP GARAGE RIDERS 北戸田店
レイバーペイントメント
↑ヘルメットのカスタムペイント屋さん!!
ババナショックス
↑サスペンションのスペシャルショップ!!
株式会社スズリン
↑MDカブのエキスパートショップ!!


♪国内minimotoパーツメーカー♪
G-craft
KITACO
TAKEGAWA
DAYTONA
C.F.POSH
モンキー本舗


♪US minimotoパーツメーカー♪
BBR
Two Brothers Racing
FAST50s
RED BARON RACING
Elka shock
Reeg MX
Marzocchi USA


♪MXパーツ・装備等メーカー♪
SPY OPTIC
SIXSIXONE
PRO TAPER
Renthal


♪MX情報サイト♪
イーストエンドモトクロス


♪雑誌♪
DIRT SPORTS
MOTOMOTO

Skypeボタン

外部リンク

カテゴリ:CRF110F( 21 )

CRF110F Tripleclamp

c0035980_10461485.jpg
先日発売となったBBRのCRF110F用トリプルクランプを購入してみました。
いきなりこれが装着状態。ぱっと見分からないですが・・・

c0035980_10465152.jpg
右が純正、左がBBRです。ゴツさと存在感ははさすがBBR。
BBRの方は、キーS/W孔とナンバープレート固定用のBRKTが別体になっています。

c0035980_10464723.jpg
純正のトリプルクランプ組み付け状態はこんな感じ。

c0035980_10472138.jpg
BBR組み付け状態。特に問題無く組み付けできました。

c0035980_10464951.jpg
ハーネス取り回しは一部意志入れが必要です。

c0035980_10465447.jpg
フォーク突き出し量は純正のLWRクランプ位置を動かさず成り行き状態で組み付けるとこんなに出っ張ります。
スイングアームを延長すればフォークもその分突き出し量を増やせるのですが、現状の純正スイングアームとの組み合わせではバランスを考えるとこのままの方が良い感じ。

c0035980_10473298.jpg
ちなみに、ハンドルバー位置は前後に四段階調節できます。トップブリッジには2箇所の取り付け穴が。

c0035980_10472492.jpg
そしてクランプ側にはオフセットされた穴が空いています。これを組み合わせて四段階というわけですな。
私は図体がでかいので一番遠めにセットしてみました。

組み付け後、跨ってみるとなるほどゆったり感が増した・・・気がします。
ハンドルバーは50用のものを装着しているので、もう少し下げてみたいですね。ハンドルバーは低い方がカッコイイので!

ちなみにこのトリプルクランプはCRF125Fにも取り付け可能のようです。JPNでも需要ありそう、かな?!



by talofa-mtsilisili | 2017-08-22 11:08 | CRF110F | Trackback | Comments(0)

BBR CRF110F用トリプルクランプ販売開始

c0035980_09314430.png
ホームページがリニューアルされたBBRのホームページで近日発売となっていたCRF110F用のトリプルクランプ。
トップページにとうとうNow Shippingの文字が!
c0035980_10292082.png
お値段$250と少々お高いですが、A6061材のフル削り出しパーツと考えれば、見れば分かるような安っすいチャイナパーツなんかよりよっぽどお買い得と言えるかもしれないですね。
とはいえ、オンラインショッピングはまだ閉鎖中。。。直接アクセスすれば売ってもらえるのかな?!

追記:
問い合わせしたところ、オンラインショップがオープンするまでは電話かメールでオーダーを受け付けているということです。
JPNからの問い合わせにも対応してくれるそうですよ。もちろん英語でのやり取りになります。
問い合わせはコチラから!



by talofa-mtsilisili | 2017-08-04 10:37 | CRF110F | Trackback | Comments(0)

CRF110F フォークダンピングロッド交換

ワンテンのフロントフォーク。インナースプリングは車両購入後BBRの強化スプングに交換済み。
同時にダンピングロッドも交換したかったのですが、その時には在庫切れしていて入手出来なかったので、密かに純正品流用をトライしてみたんですよね。

結果的に成功とは言えなかったので、敢えて何を流用したのかは明かしませんが、フォーク外径で流用OK判断してはいけないという事が分かりました。。。

こちらがダンピングロッド
c0035980_13033706.jpg

右から純正、BBR、純正流用部品

BBRパーツは、ストロークが1.5inch増えるという事で、ロッド全長が純正よりも長く設定されています。オイルが通るオリフィスも絞ってあり体重のあるオトナ向けに作られていることが伺えます。

純正流用品も一見BBRと同じような長さで良さげなんですけど、フォーク内径が違うらしくダンピングロッドのピストン部外径が小さかったためフィットせず。。。とりあえず取り付けて動かしてみたら普通に作動はするんですが、ダートコース走った時の不具合発生を考えたら怖いのでやめておきました。
フォーク内径が違うというのは、昔CRF50用のBBR SP-5フォークがひん曲がった際に外径27パイで見た目同じなCRF70純正品を使おうとしたら内径が違くてスプリング等の内臓部品がまったく流用できなかった、という苦い経験があります。
時代は繰り返すのですね〜。って、学習能力無いのオレだけ?!

フォークオイルも指定の10番から15番へ上げてちょい硬めに。なんせ、体重増えましたからねぇ。。。速く走るためにはまずダイエットしろとwww

そんな感じで一通りのモデファイは完了。
まだタイヤ( 純正のまま )やアルミリムとかハイシート( CRF110F 用のものは無いのでKLX110流用予定)を交換したいのですが、先立つ物を確保しつつコツコツ進めていきたいと思います☆

次は実走テストです。さて、どこで走る???

by talofa-mtsilisili | 2017-07-29 11:15 | CRF110F | Trackback | Comments(0)

CR-miniキャブレター

先日の記事で、CRF110F 用にKEIHIN CR-miniキャブレターを購入したと書きました。
今回はその取り付けTRYレビューです。

まず、CR-miniをOFF系車両に装着するためには、キャブ単品を購入しただけでは足りません。
c0035980_05343842.jpg

ロードレース前提のキャブなので、吸気口がファンネル仕様となっておりエアクリーナーが装着できないのです。
なので、社外パーツメーカー各社から出ているエアクリーナー装着用スペーサーを購入する必要があります。
今回はDAYTONAから出ているスペーサーをチョイスしました。
c0035980_05343850.jpg

理由は、手頃な値段とPEキャブで使用していた口径の大きなエアクリが使えるから。

そしてインマニ側もインシュレーターを用意する必要あり。
c0035980_05343804.jpg

こちらはPEキャブ用のものが流用できます。安価なキジマ製をチョイス。

これらの部品を組み付けた状態がこちら。
c0035980_05343979.jpg


そしてこれを実車に組み付けてみます。
インマニは純正品をそのまま使用してみたところ
c0035980_01561171.jpg


c0035980_01561190.jpg

とりあえず装着はできたものの。。。
c0035980_01561192.jpg

スロットルワイヤー取付けの為のクリアランスが極小。
そしてエアクリを取り付けるとフェンダーに確実に干渉します。あかんやん。。。

これはカワサキのKLX110にビッグキャブ装着する際にも発生していた懸案事項と同じ事象。フェンダー取り付け部にスペーサーを噛ませてエアクリ一個分の隙間を確保したりといった対策は見たことがありますが、そもそもこのクリアランスの狭さではちょっと厳しいですね…

残念ながらCRF110F専用のビッグキャブ用インマニは販売されていない…と思ったらありましたよTBOLTUSAに!!
c0035980_09441365.jpg

それがコチラ。その名もリバースインテークキット!インマニの振り角を左後方へ変更出来るビッグキャブ対応キットです。
これならなんとかなる!!そう思い購入。
そして組み付け。
c0035980_09441368.jpg

おぉ。なかなか良い感じ!!
そしてCR-miniを取り付けようと試みると…

c0035980_09542431.jpg


付きませんやん( 涙 )

フューエルコックが邪魔して全く位置が合いません。
試しにPEキャブも試してみたけど、やはり同じ結果でした。トホホ。

そんで結局どうしたかというと。。。

c0035980_09542457.jpg

PC20に落ち着きましたとさwww
このインマニは元々PCキャブを想定した作りなので絶妙な位置で固定できました。

つか、日本からわざわざキャブ3種類も持ち込んだのオレくらいじゃね?! アホだねw

ただこのまま黙ってPCキャブのままでいるつもりはありません。何とかしてCR-miniを装着してやりたい!!

c0035980_09583332.jpg

コレはG-craftさんから出ているCRミニ用可変マニホールド。振り角を自由に調整できるこのマニならきっと!!!多分w
さすがにまだ購入すらしていないのですが、そのうちトライ結果またご報告しまーす。誰も期待してないと思いますがwww


by talofa-mtsilisili | 2017-07-22 01:52 | CRF110F | Trackback | Comments(0)

CRF110F ボアアップキット

CRF110F 用のボアアップキットはBBRから出ているものをチョイス。
c0035980_11100876.jpg

ストックのボア50mm→55mmに拡大。
132cc化で大幅なパワーアップが期待できます。

c0035980_04393805.jpg

c0035980_04393836.jpg


左が純正
右がボアアップ用のピストン
純正はピストントップ部分全体が凹んでいますが、ボアアップピストンは盛り盛り、そしてバルブのリセスが確保してあります。

c0035980_04393907.jpg

c0035980_04393925.jpg

右が純正
左がボアアップシリンダー
アルミ製、スチールスリーブです。

ピストンもシリンダーも作りは悪くない。さすがBBRというところ。

c0035980_04393942.jpg

ワンテンのエンジンをバラすのは初めてだったので、事前に購入してあったサービスマニュアルを見ながらの作業です。マニュアルは当然のことながら英語表記ですが、そんなに悩むほど難しくは書いてないので大丈夫。
基本的な構造はモンキー系と同じなので、サクサク組み付け完了しました。

そうそう、ひとつだけ気付いたことが。キットの中に入っていたピストンピンクリップ。コレがただのリング状ではなく、プライヤーで挟めるよう組み付けやすい形状になっていました。

c0035980_11100928.jpg


指が太くて不器用なアメリカ人対策なのかなーなんて思ったりw
クリップ装着時、ピーンとすっ飛ばして紛失した苦い経験をした人は少なからず居るはず!私もその一人ですがwww

エンジンを弄るのはかなり久し振りだったのだけど、やはり楽しいですね☆

次はお待ちかねのキャブ交換レビューです。オチありwww


by talofa-mtsilisili | 2017-07-21 04:36 | CRF110F | Trackback | Comments(0)

CRF110F ハイカム交換

2013MYより発売されたミニモト最後発のホンダCRF110F ですが、その遅過ぎた登場が影響してカスタムパーツが非常に少ないのが最大の難点。

そもそも、ミニモト機種全般のアフターパーツ自体、目新しい製品はここ何年も停滞しており、中古市場の価格が高騰気味な現象が起こっております。

私の知るところで米国内でまともに製造販売を続けているメーカーは、前回紹介したBBRとTBOLT USAというメーカーくらい。

後述のTBパーツは自社開発のCRF110F カスタムパーツも出しており、まず手を出したのはハイカム。
c0035980_13185005.jpg

お値段控えめで、アジア大陸製であることを匂わせます。

そして届いたパーツと純正カムを比べてみる。
c0035980_13185017.jpg

上が純正
下がハイカム
純正にはデコンプが付いてますが、ハイカムには省略されております。

c0035980_13185191.jpg

右がハイカム。カムの山はさすがに純正よりもモッコリしてますね。
そして、圧入されているベアリングを回してみると。。。

ゴリゴリですやん!!

ベアリング側面の刻印にはCHINA の文字がキラリと輝いておりましたよ。


c0035980_13185127.jpg
このまま組み付けるのも嫌なので、ベアリング単体を購入しました。
ベアリングなんかの精密部品って、日本の方が遥かに安いんですよね。。。
結局トータル金額高くついたわ(怒)

組み付け自体はボアアップのついでということでヘッドを外した状態ですんなり。
その他部品も組みついた後、早速エンジンをかけてみると・・・キックが重い!クソ重い!!!
ボアアップの影響もあるのだろうけど、デコンプがなくなったことでこんなに重くなるとは。
レースの時にエンストしたら再始動出来なさそうです。あ、ちなみに標準装着のセルスターターはバッテリーが上がったままねwww

あと心配になったのはタペット音と思われるカチャカチャ音。ハイカムに取説なんぞ付いておらず、バルブクリアランスは純正指定の隙間にしておいたのだけど、もう少し詰める必要があるかもしれません。

次はボアアップキット組み付けのレビューしまっす。



by talofa-mtsilisili | 2017-07-20 13:06 | CRF110F | Trackback | Comments(0)

CRF110F用BBRパーツとかケーヒンキャブなど

実はかれこれ一年以上前から、ワンテン用のカスタムパーツを購入していて、暇を見つけて取り付けしていました。
c0035980_09555713.jpg

こんなんとか

c0035980_09555741.jpg

こんなんとか

こちらのアウトドアコースでの走行だと、どうしてもパワーが欲しくなってしまいます。
てことで購入した、箱に入っているのがBBRのボアアップキット。あとハイカムはTBパーツというところのものです。

c0035980_09555813.jpg

そしてKEIHINビッグキャブ。
右は使い古しのPE20
左が日本で購入したCR-mini
CR-miniはあまり馴染みのないキャブかと思いますが、ケーヒンが4ストミニ専用に開発し、ロードレースのミニモトレギュレーションに合わせた22パイのレース専用キャブなのです。
このブログでも取り上げたことがあるのですが2007年くらいだったかな?!発売当初から入手してCRFに取り付けたいと思っていたものの、なかなか機会に恵まれず、今回ワンテンを手に入れたタイミングで思い切って購入してみました。

これですんなり取り付けできちゃったりすると面白くないですよねぇ。ご期待通り、イロイロありました。そんな取り付けのゴタゴタなレビューはまた次回。。。
by talofa-mtsilisili | 2017-07-19 09:37 | CRF110F | Trackback | Comments(0)

CRF110F初レース

ようやくレースのレポです。
この日は12台ほどのミニモトがエントリー。
基本は12インチのワンテンがメインですが、チラホラと50ベース車両の姿も。

早いもの順でスタートゲートに整列します。
c0035980_12392673.jpg
久々のスタートバーでのレース!緊張が走ります。

と、そこで重大なコトに気付きました。


このワンテンでスタート練習したことなかった…orz


遠心クラッチなので通常の発進は楽チンなのですが、レースのスタートダッシュとなるとちょっと特別な方法でクラッチを切っておく必要があるので、慣れるまでに何回か練習が必要なのです。
しかしそんなことすっかり頭から抜けていたワタクシ。
とりあえず半クラ失敗した時のリスクを考慮し、1速からの安全発進とするか、それともこれまでの経験からきっとオレなら大丈夫さ一発で決めてやる!!なのか。。。
そんなに時間も無かったので、何を血迷ったか後者のオレなら出来る案を採決。
まずは2速に入れて、そんでシフトを落とし込んで1速に入れたままホールドして回転上げて・・・
c0035980_12395121.jpg
そうこうしているうちにスタート!!
おお!そーっとシフトペダルを戻すと・・・うわ。やっぱり1速にまだ入ってないやろー(汗)
慌てて1速に落としてノロノロとスタート。
そう、ワタクシ、スタートが大の苦手だったことをこの2年のブランクですっかり忘れておりました・・・
c0035980_12401523.jpg
当然周りの車両はみんな良いスタートを切って完全に置いてかれました。
c0035980_12374801.jpg
GoPro画像よりスタート直後の位置関係。ガッツリ遅れをとっております。
左にもう一台スタートをミスったキッズがいました。この時点でビリ2!!
c0035980_12380263.jpg
前方には10台のマシーン。
懐かしい光景だなぁwww
c0035980_12381402.jpg
最初の半周くらいで3台をパス。
その後前に立ちふさがるのは挙動の怪しいミニモト。
やたら直線は速いがギャップやコーナーが超不安定な、チャイナ製と思われる車両に阻まれてなかなか前へ出ることができません。
c0035980_12382729.jpg
コース幅は広いのですが、深いワダチが所々にあって、ラインの選択肢が限られています。
前方の3台はそんな速くないのに抜きどころが見つかりません。
c0035980_12384031.jpg
すると、最終コーナー手前、前を行く3台の先頭車両がワダチのやたら深いフィニッシュテーブルの上で転倒するのが見えて、すかさずライン変更!
これでコケている1台を含めた3台を抜くことができて、4位に浮上!!
c0035980_12402956.jpg
この時点でTOP3は遥か前方を走行していて、まったく追い付く気配の無い状況でした。
やはりスタートをミスったのが悔やまれるところです。
c0035980_13020610.jpg
あ、ちなみにゼッケンが#1なのは、レース出場を急に決めたので時間が無くて一番簡単な1番をガムテープで作ったからですw


一人旅状態になってしまったものの、まだ終わったわけじゃ無い!と頑張って飛ばします。
練習走行でコースの走り方は大体分かってきたので、それなりに快調に走行していると、いきなりリヤ周りに異変が・・・
c0035980_12385217.jpg
はい、まさかのパンクです(涙)
c0035980_12390649.jpg
リヤをブリブリ言わせながらコースアウト。画面に映っている彼はエンジンが止まってしまったとのことでした。
c0035980_12404254.jpg
悔しい思いでピットに戻る途中、連れてきた子供たちが応援してくれていたところを通りかかったので声をかけてみたところ・・・


砂遊びに夢中でまったく応援していませんでした・・・orz  ダブルパンチ。

ま、そんなもんですよ子供なんて(涙)

そんなことで、ワンテン最初のレースはパンクでDNFという残念な結果に終わりました。
H2もあったのですが、チューブ交換する体力も無かったのでDNS。

結果は残念でしたが、バイクのレベルはストックでも十分上位に食い込めるという手応えを感じられたので、その点は大きな収穫だったのかなと。
乗り手の勘もそんなに衰えていないのも嬉しかったですね。ただ、体力が最低レベル!!!さすが2年間運動せずにアメリカの食いもん食い倒してきたのはマズかったな・・・

体力は自分の努力でなんとかするとして、また次の機会が楽しみですね。寒くなるまでにまた走れる機会があれば必ず参加しますよ!

それでは、大したものではないですが、動画も上げましたのでおヒマな時にでも御覧ください。






by talofa-mtsilisili | 2015-09-14 13:58 | CRF110F | Trackback | Comments(0)

U.S.アウトドア初走行!!そして…

この週末はLabor Dayといって、アメリカの勤労感謝の日にあたる祝日があり月曜日まで三連休でした。
当初はキャンプに行こうと思っていたものの、ローカルのミニモト仲間からの情報があり急遽予定を変更!

土曜日、朝からそそくさと準備を済ませ
c0035980_12203888.jpg
家族を引き連れてお隣の州Ohioまで四時間の旅。
道中ずーっと雨に降られながらの移動で非常に不安でしたが、さすが広大な国アメリカ。現地はピーカン!いや、ドピーカン。9月に入ったというのに想定外の猛暑ですた。。。

着いた先はRoute62 MXというフルサイズのモトクロス場。ここにはインドアコースもあり、実は1月にもインドアレースに訪れたことのあるコースです。
夏場である現在はアウトドアコースのみの営業。
翌日日曜日はレースが予定されているということで、前日からたくさんのライダーが走りに来ていました。
実は翌日のレース、ミニモトのクラスが設定されていなかったので、常連のミニモトメンバーからのコンプレインがあり、急遽前日のフリー走行が終わった後にミニモトレースやっちゃうべ!ということになったようです。

そう!いきなりレースしに来ちゃいました☆ 無計画も甚だしいですがw

まずは今回のレースの首謀者であり、私には今年頭のインドアレース以来、何かと面倒を見てくれるとっても良い奴Dustyと挨拶を交わし、まずは練習走行の準備をします。

聞いたところ、ミニモトレース参加者は12台くらい?!とのこと。
c0035980_12135799.jpg
見渡せば、かなりエゲツない仕様のワンテンがチラホラと。。。
初めて走る日本人に絶対勝たせねーぞ!!という空気がビシビシ伝わってきます←妄想

c0035980_12132878.jpg
ワンコに見守られながら準備運動もそこそこにコースイン!
コースは基本フラットながら、丘陵地帯の地形を活かした高低差もあって日本のコースに似た印象を受けました。ジャンプはフルサイズのバイクが飛び切れるようなテーブルや二連が何個もあり、一見ミニモトではキツそうだったのですが、走ってみると落ち込むようなジャンプはほぼ皆無で、小さなバイクでも安心して飛び出しできるよう工夫されていました。フルサイズのバイクが起こすワダチがあるのは仕方ないですね。

以下、二回目の練習走行動画切り抜き画像です。最後に動画貼り付けておきますね。
c0035980_13051375.jpg


この上半身裸の男がDusty。最近結婚して奥様は妊娠中とのこと。ちなみに、今年の最初にインドアレースに参加した際に、コイツはコース場で当時の彼女さんにプロポーズしていたんですよねー。大勢の参加者の前で片膝ついて指輪を渡していましたよ。日本人には出来ない芸当ですなあ。

c0035980_12115923.jpg
ご覧の通り、なかなかゴツいわだちがあちこちに点在していました。ミニモトでは走行出来るラインは限られてましたね。

c0035980_12121278.jpg
アメリカでもライヴァルはキッズライダーです。ねっちょり追いかけ回してコーナーで煽りまくって直線でぶっち切ぎりますwww

c0035980_12122468.jpg
65乗りの初心者キッズくらいが丁度良い練習相手。
しかし調子に乗って追い抜いた後…

c0035980_12123664.jpg
コケますた。。。
ここで体力ゲージがほぼゼロに。
c0035980_12125093.jpg
走行終了後、息も絶え絶えにピットへ戻ると子供達が迎えてくれました☆
子供の笑顔を見たら失った体力が一気に満タンに!!! などと言う事は無く、この時点でもうその後のレースなど考えられない状況でした。。。
あまりにも体力が落ち過ぎていて凹んじゃいましたよ。これではバイクが楽しめない!
今後、体力作りしなきゃとホンキで思いました。

てなことで、次は波乱のレースシーンをレポートしまっす!お楽しみにー☆



by talofa-mtsilisili | 2015-09-08 13:06 | CRF110F | Trackback | Comments(0)

フロントフォークスプリング交換

CRF110Fネタが続きます。

フロントのフォークは大人が乗るには少々柔らか過ぎ。
なのでBBRから出ているフォークスプリングに交換してみました。

c0035980_12391685.jpg
上がストック、下がBBR。
ストックのスプリングは長〜いカラーで省略系な感じ。。。

スプリングのみの交換は、フォークのトップキャップを外して出し入れするだけなので超簡単です。

結果・・・硬いっ!! 伸縮の動作がスプリングの力だけでビヨンビヨンな感覚。 減衰が効いてる気がしません。

c0035980_12542160.jpg
BBRからはダンピングロッドもリリースされていて、HPの説明ではストックからストロークUPする上にダンピング性能も大人向けにチューニングされているそーな。 
しかし、現在在庫切れ・・・いつ販売されるのかBBRに聞いていますが、返答なしと。
そこで、チラリと純正流用ネタを思いつく。 調べてみると、フォーク外径が同じ兄貴分のモデル発見☆ でも現物合わせするしか確認する手段が無いので、失敗するとゴミになっちゃうんだよね・・・迷うなあ。



あと、この週末でバイク用品屋さんを回って幾つか部品調達なんぞ。
今は通販でなんでも手に入るけど、やはり現物を見ながら選べるショップがあるのは有り難いですね。
自宅から5分のところにMX専門店がひとつあるのは以前から知っていたのですが、30分ほど離れたところにもう一軒見つけたので選択の幅が広がりました。

c0035980_1238256.jpg
グリップなんかは日本で買うよりも全然安いです。 このPRO TAPERのROCKSTARモデルは10ドル。消耗品が安く手に入るのは良い事だ☆

c0035980_12392719.jpg
ただアメリカのショップは土曜日半ドン、日曜休みなところばかりで困ります。 残業大好きな?! 駐在員は平日お店に行けないので、土曜日は早起きしないとなかなかお店に行く事ができないのが不便ですわ・・・
by talofa-mtsilisili | 2015-08-24 13:21 | CRF110F | Trackback | Comments(0)

お気に入りブログ

タクミクンノブログという...
デコボコ・ブログ
THE FOOOOOO!...
CRF in a kit...
Mini Dirt Bi...
too fine life
ガッキーごきげんさん
うえすとうっどのモ・ノ・...
R×R camper's...
Only live on...
garage TAKA ...
So what? Go...
モトスペースのニュース
TEAM 9006
minimoto rabbit
MCH ミニモト事業部
10WHEELS
はんの部屋
Freely Happy
D太郎の備忘録
あひる製作所 第二工場
兵(ツワモノ)
712ヤブチンブログ
witch craft
カスタムテクニカBlog
GARAGE 502 
minimoto漬け
ニンジンよりミニモトが好き
バイク&バイク ブログ
Stupid Life
ミニモトチャンネル N...
Slackparade
パーツランドイワサキ高松...
TWO HEAD BOD...
minimoto DEE...
POPCORN LOVE...
064park♪ときどき...
KAZUYUKICK F...
NOTION-Xライダー...
Special Attack
Mc5TH
DONMAI MAGAZINE

twitter

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ

全体
minimoto 一般
minimoto 練習会
minimoto RACE
minimoto いじり
minimoto stock
KLX110
CRF110F
Z50R
minimotoSX
ミニモトコースプロジェクト
FMX
モトクロス一般
GoPro
モトコンポ
オートバイ全般
バモスホビオ
STEP WGN
FREED
日常
SPY
SNOW MOTO
FISHING
FREED
cooking
その他
USA一般
USA釣り
USAミニモト
MiniMoto USA
トランポ
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2016年 02月
2015年 09月
2015年 08月
more...

最新のトラックバック

浜松ケーブルTV
from KAZUYUKICK FILMS
2010ナカキホンダMX..
from Love small cla..
ナカキホンダMXレース ..
from Love small cla..

検索

ライフログ


モンキークルージン〈No.13〉特集・深遠なるヘッドチューニングの世界―モンキースペシャルシリンダーヘッドの徹底解説


深夜特急〈1〉香港・マカオ


パパラギ―はじめて文明を見た南海の酋長ツイアビの演説集

DIRTSPORTS

モトモト 2013年 06月号 [雑誌]


DIRT SPORTS (ダートスポーツ) 2013年 06月号 [雑誌]


DIRT Cool (ダートクール) 2013 No.3 2013年 5/24号 [雑誌]


MOTO MAINTENANCE (モトメンテナンス) 2013年 06月号 [雑誌]

その他のジャンル

ファン

ブログジャンル

海外生活
自転車・バイク